糖質制限になると、スイーツ系は和菓子も洋菓子も全てNGとなってしまいます。白米や麺類、パン類などの炭水化物系も体内では糖質に分解されるのでNGとなりますが、疲れた時に食べたいスイーツもNGになってしまうと、甘いものが大好きな人にとってはストレスの原因となってしまいます。市販されているスイーツ系は低糖のものでは五限りはNGなのですが、自宅で手作りすることもできる「あん」なら実は糖質制限中でも低糖で手作りすることができます。

 

糖質制限中には、砂糖などの糖分が入ったものはすべてNGなので、手作りする際にも砂糖は一切使いません。代わりにラカンカをつぶしたものを使って甘みを出すことになります。作り方は通常のあんの作り方と同じで、まず鍋に小豆をたっぷりの水につけて、ぐつぐつと煮込んでいきます。最初は水を沸騰させることが大切ですが、ずっと沸騰したままの状態でいると、小豆がつぶれてしまうので、一回沸騰したら後はグツグツと弱火で煮込むのがポイントです。

 

途中で、何回かお湯を交換して灰汁を捨ててあげると、完成した時の苦みがなくなるので、ぜひ面倒がらずにトライしてみてください。小豆が柔らかくなったら、ざるにとって水けをきり、そこにラカンカを加えて混ぜていきます。ラカンカの甘みが全体に回ればOKとなります。この時、一つまみの塩を入れることで、ラカンカの甘みがアップするので、塩を入れることもお忘れなく。

 

完成したあんをどのように食べるかは、お好み次第ですが、寒天と合わせてあんみつ風にして食べても美味しいですし、ふすまパンに乗せて甘いスイーツ系パンを作るのも良いでしょう。ふすまパンミックスなどを使えば、自宅で美味しい菓子パンを作ることができるので、これまでは糖質制限のためにあきらめていたアンパンも食べれるかもしれませんね。

 

糖質制限中には、様々な食材が制限されてしまいます。しかし、NG原料ではないものを使って工夫すれば。スイーツを完全にあきらめる必要はありません。ネットを駆使していろいろなアイデアでツラい糖質制限を乗り切りましょう。

 

低糖工房 低糖質小豆のあんがお薦め!!