日本人の主食はお米ですから、人によっては1日3食の全てでお米を食べているという人も多いのではないでしょうか。また、お米を食べないとなんとなく満腹中枢が刺激されず、満腹感を得ることができないという人も意外とたくさんいます。しかし、そんなお米好きでも、血糖値が高くなって糖質制限がかかってしまうと、炭水化物の代表的な存在である米は食べることができなくなってしまいますし、主食としてお米の代わりになる雑穀米とか玄米などを食べなければいけません。お米はお米でも、白米と玄米とでは味や風味に大きな違いがありますから、白米をどうしても食べたいという人も多いですよね。

 

そんな人にオススメなのが、ビックリするほど白米と食感が似ていると言われている「こんにゃく米」という食品です。これは糖質制限の人のために開発された商品で、原料は白米ではなく商品名にもなっているこんにゃくとなっています。こんにゃくは弾力性があって歯ごたえもあるので、しっかり噛むことで満腹中枢をより刺激できるというメリットがありますし、食物繊維が豊富に含まれているので、腸内に入るとすっきり腸の中をお掃除してくれるというメリットも期待できます。

 

こんにゃく米はいくつかのメーカーから様々な商品がラインナップされていますが、その中でも人気が高いのは、神戸食品からラインナップされている「無農薬こんにゃく米」です。白米のようにキロ単位で購入するというわけではなく、1食分が1袋に入った個別分包になっているのが特徴で、初めて挑戦する人には、トライアルセットもラインナップさrています。トライアルセットでは、40グラム入りのこんにゃく米が合計14袋入っていて、価格は1680円となっています。実際に食べてみて、風味や味を実感した上で現品購入できる点もまた、人気の理由と言えるでしょう。それに、1回あたりの量が個別分包されているので、ついつい食べすぎてしまうのを抑えることができますし、旅行先に持参すれば、旅先でもこんにゃく米を食べることができそうですね。