糖質制限中には、主食となるご飯やパン類、麺類、イモ類や、それを作っている原料などをすべて控える食事療法がおこなわれます。糖尿病の治療としても行われますが、ダイエットとしても行われるため、カロリー制限とついつい混同してしまうことも多いのですが、糖質制限とカロリー制限には大きな違いがあるので注意しましょう。

 

例えば、鶏のから揚げ。ジューシーなから揚げは大人から子供まで、誰もが大好きな美味しい食材ですよね。この唐揚げは揚げ物なので、ダイエット中のカロリー制限をしている人なら、避けたほうが良い食材であることは言うまでもありません。しかし、糖質制限中には問題なく食べることができます。

 

ただし、通常通りにから揚げを作ってしまうと、糖質制限に触れる食材を使ってしまうことにもなりかねないので注意しましょう。それが、から揚げに使われている衣です。から揚げの衣には、小麦粉や片栗粉が使われることが多いですよね。小麦粉も片栗粉も、糖質制限中にはNG素材となっているので使うことができません。その代り、大豆粉を使って衣を作ると良いでしょう。大豆粉ならから揚げの衣としては優秀ですし、触感も一般的なから揚げと変わることはなく楽しむことができます。

 

糖質制限をダイエットのために行っている人は、から揚げを食べる際に衣を外して食べるのもおすすめです。から揚げに限らず、揚げ物は衣の部分にカロリーが集中しているので、カロリー制限もしたいなら衣を外したほうが、おいしくから揚げを楽しめて、カロリーも低く抑えることができます。また、から揚げの原料となる鶏肉は、皮の部分が高カロリー。ダイエット中には鳥の皮はあらかじめ取り除いた状態でから揚げを作るのも良いでしょう。もも肉ではなく胸肉を使ったりする配慮もおすすめですよ。糖質制限ではこうした配慮はあまり必要ありませんが、ダイエットのために糖質制限をしている人なら、ちょっとした心遣いをするだけで鳥のから揚げがグンと美味しくなるはずです。

 

糖質制限対策商品 当サイト人気ランキングを見てみる