糖質制限中には、主食をすべて控えることになります。主食というのは、ご飯類、パン類、麺類、イモ類などのことで、こうした食材を主食として食べるのがNGというだけではなく、これらを原料として作られている食品や、これらを作っている原料となる食材などもすべてNGとなります。例えば、パンや麺類は小麦粉〜作られていますよね。糖質制限では、小麦粉が使われていたりパンが使われている食品や食材などは、全てNGとなります。

 

糖質制限の人がうっかり使ってしまう安いNG食材の一つに、パン粉があります。パン粉は、パンを粉砕した食材で、揚げ物などによく使われる食材ですよね。揚げ物は糖質制限で制限されているわけではないので、食べることができます。しかし、ここでパン粉を使ってしまうと、糖質制限に引っかかってしまうので注意しましょう。

 

糖質制限中には、パン粉の他に何を使ったらよいのでしょうか?小麦粉や片栗粉などはすべてNGとなるので、大豆粉あたりがおすすめです。大豆粉は大豆から作られているので糖質制限中でも問題なく食べることができますし、揚げ物の衣として使っても、仕上がりがかなり優秀。糖質制限中の人にとっては、ぜひ愛用したい食材です。

 

大豆子を使って揚げ物を作る際には、小麦粉や片栗粉と同じような感じで使うことができますが、一つだけ注意したい点があります。それは、大豆粉を衣として食材に絡めたら、すぐに揚げること。小麦粉や片栗粉の場合には、衣が水分を吸うことによってサクサク感がアップするなどの効果はありますが、大豆粉の場合には時間が経つと衣が剥がれ落ちてしまうので、つけたらすぐに揚げることがおすすめです。

 

また、大豆粉を小麦粉の代わりにして、団子や餅を作るレシピなどもあります。触感は小麦粉と同じような感じなので美味しく食べれますし、炭水化物が食べれないことで感じるイライラ感なども少しは軽減できそうですね。カレー粉と合わせれば、カレー風味のお団子になったりするので、さらに美味しく食べれますよ。

 

糖質制限対策商品 当サイト人気ランキングを見てみる