糖質制限をすると、主食系の食材は一切使うことができなくなってしまいます。米類、パン類、麺類、イモ類などがありますが、パンや麺を作っている原料となっている小麦粉などの粉類もまた、糖質制限では制限しなければいけません。

 

私たちの毎日の食生活の中で、こうした粉類を全く使えなくなってしまうと、調理をする時にも困ることも多いですよね。例えば、から揚げを作ろうとしても、鶏肉は糖質が少ないので糖質制限中でも食べることができますが、から揚げの衣には片栗粉や小麦粉が使われているので、糖質制限中には、今まで通りのレシピでから揚げが作れなくなってしまいます。

 

しかし、そんなときに代替品として活躍してくれるのがい大豆粉。大豆粉はネーミング通り、大豆を原料として作られている粉のこと。揚げ物を作るときには衣として機能することもできますし、小麦粉や薄力粉の代わりに使えば、大豆粉を使ったパンを焼くこともできてしまいます。ハンバーガンのバンズの部分を大豆粉で作れば、糖質制限中でもハンバーガーだって楽しめてしまうわけですね。

 

小麦粉の代わりに大豆粉を使ったレシピはたくさんあります。クッキーを作るときに小麦粉の代わりに大豆粉を使っても美味しくできますし、蒸しパンやスコーンなども作れてしまいます。ケーキやマフィンなどに大豆粉を使うこともできますが、糖質制限中では砂糖を使うことはできないので、かなり甘さを抑えたスイーツに変身するようですね。甘いスイーツを期待してこうした糖質制限系スイーツを食べるとがっかりするかもしれませんが、糖質制限中でもスイーツが食べれると思えば、あまり甘くないのも気にならないかもしれませんよ。

 

糖質制限中だと、主食がまったく食べれなくなってしまうので、炭水化物とか主食が対好きな人にとっては、それが大きな精神的ストレスにつながってしまうこともありますよね。しかし、大豆粉を使うことで、甘くはありませんが、パンやクッキー、ケーキなどを作って食べることができます。満腹中枢を刺激するには、かなり優秀な食材と言えるでしょう。

 

糖質制限対策商品 当サイト人気ランキングを見てみる