糖質制限をすると、主食はすべて控えなければいけません。ご飯や麺類、パン類、イモ類などが主食の食材ですが、こうした炭水化物系の食材が大好きな人にとっては、満腹中枢が思うように刺激されないため、主食が食べれないストレスも大きくなってしまうかもしれません。そんなイライラやストレスを解消するためにトライしてみたいのが、豆腐ごはんです。

 

豆腐ごはんとは、白米を食べる代わりに、豆腐で代用するという方法ですが、実は正しく作ると豆腐ごはんは、白米のような感じに食べることができることはご存知ですか?みずみずしい四角い豆腐をイメージするとピンときませんが、電子レンジでチンをしてぽろぽろにほぐした豆腐なら、ご飯の代わりにチャーハン風にして楽しむこともできます。

 

豆腐ごはんの作り方をご紹介しましょう。

 

白米の代わりに使うのは、木綿豆腐。しっかり水分を取っておいたほうが調理しやすいので、ペーパータオルに包んだ豆腐を軽く電子レンジでチンしておくと良いでしょう。使う豆腐は、絹ごし豆腐でも良いですし、木綿豆腐でも問題ありません。電子レンジに入れることで水分が取れるので、それを手でほぐしながらフライパンの上で痛めていきます。そう、チャーハンを炒めるような感じで炒めましょう。

 

豆腐には油が入っていないので、ノンスティック系のフライパンを使うか、オリーブオイルもしくはごま油を使って痛めていきますが、豆腐だけでは味がしないので、鶏がらスープのもとでダシを取り、ザーサイやネギなどをみじん切りにして、豆腐と一緒に炒めていけば、チャーハンととてもよく似た触感の豆腐ごはんに仕上がります。

 

最終的な味付けは、中華だしの元でも良いですが、軽く醤油で味付けするだけでも美味しく食べることができます。できるだけ糖質を徹底的に抑えるなら、カロリーオフタイプの醤油を使って味付けするのが良いでしょう。

 

通常のチャーハンと比べると、カロリーも少なくコストもかからない豆腐チャーハン。糖質制限のためだけではなく、ダイエット食としても優秀なレシピです。

 

糖質制限対策商品 当サイト人気ランキングを見てみる