体内の「糖」と大きな関係がある転換。てんかんは、食べ物で摂取した糖質を体内に取り込むGULT1という機能が正常に機能しないことが原因で起きる発作です。その為、てんかんの発作を起こるリスクがある人は、普段の生活の中でも少しでも発作のリスクを抑えるために糖質制限を行うことになります。

 

てんかんは、遺伝的な原因で起きることもありますが、普段の食生活の中でてんかんになりやすい原因を蓄積してしまうこともあるようです。例えば、子供の転換なら、甘いスイーツを良く食べる習慣があったり、炭酸飲料水や清涼飲料水などのジュース系の飲み物を良く飲んでいたり、甘いものが大好きだったり、そうした食生活の中で、てんかんリスクが大きくなってしまうわけですね。

 

通常の場合、食べ物に含まれている糖質は体内に摂取されると、99%は体を動かした時にエネルギーとなって燃焼されます。特にスポーツをするわけではなくても、体を動かすことによってエネルギーが燃焼されますよね?この時、最初の20分から30分の間に燃焼されるのは、かならず糖質となっています。ダイエットのために脂肪を燃焼させるためには、運動を最低でも30分以上続けなければ効果がないと言われているのも、体内でカロリーを燃焼する際には糖質が最優先で使われるためです。

 

てんかんリスクが高い人は、糖質がエネルギーへと変換されないので、体内に摂取する糖質の量をコントロールしなければいけません。通常の場合には、糖を摂取することでドーパミンが分泌されて「幸せだ」という感情が芽生えるものですが、てんかんの場合には糖質が摂取できないので、この満腹感とか、食事をした時に得ることができる幸福感を得ることができないのでは?と心配になってしまうかもしれません。でも大丈夫。てんかんでは、GULT1という機能が正常に機能しませんが、その代わりにケトン体という機能が作動してくれるので、食事をして満腹感や幸福感を得ることも可能です。

 

糖質制限対策商品 当サイト人気ランキングを見てみる