主食を食べることができない糖質制限では、お米類、麺類、パン類、イモ類などの食材を控えなければいけません。自宅で糖質制限をするなら、それでも食材を工夫したり置き換えたりしながら食事を楽しむこともできますが、外食するとなると、まったく別問題ですよね。外食産業で提供されている食事は、糖質制限とかカロリーのことなど考えて作られているわけではありません。とにかく美味しく作り、見た目も良くし、そして満腹感を得ることができるようなボリュームのある量になっているものが多いものです。仕事中に同僚とランチに行く場合などには、どうしたら良いのでしょうか?

 

糖質制限と言っても、糖尿病の食事療法なら1日3食すべての食事で糖質を徹底的に避けなければいけません。しかし、ダイエットのために糖質制限をする場合には、朝と夜だけ主食を避けるようにして、外食のランチだけは主食を食べてもOKという方法でダイエットする人も少なくありません。糖質制限のルールに従うことも大切ですが、ライフスタイルによっては完全に厳守できないというケースもあるわけです。それでストレスをためてしまうと健康にとってはマイナスとなってしまうので、ストレスをためるぐらいなら外食をする時だけは気にしないで好きなものを食べるのも悪くないのでは?

 

糖質制限中には、外食する時にも少し工夫することも可能です。例えば、定食を頼む時には、主食の御飯だけは食べないようにしたり、注文するときに「ご飯はいりません」と言ってしまうのも良いでしょう。最近では、多くの定食屋さんでご飯はお代わり自由になっていたりするので、一緒にランチをしている同僚に自分の分をあげるという必要もないかもしれませんね。

 

麺類、例えばラーメンを頼む場合には、チャーシューとか卵ではなく、野菜がタップリ乗っているラーメンを注文するようにするのも良いでしょう。できるだけ糖質制限を徹底したいという場合には、野菜たっぷりのラーメンを頼んで、食べるのは麺を残して野菜だけ、という人もいるようです。もったいないような気もしてしまいますが。

 

糖質制限対策商品 当サイト人気ランキングを見てみる